脳活性化サプリランキング【脳の覚醒が能率を高める】

 

脳活性化サプリランキング【脳の覚醒が能率を高める】

脳の仕組みと働き

 

言わずとしれた脳には、様々な機能があり、それをいろんな部位によって行っています。たとえば、人間の脳の機能というのは、感情表現や、記憶、また刺激を感じる機能(五感)、思考する、表現する、話す、運動する、生命機能を維持するなど多くの機能がありますよね。

 

考えるほど脳はすごく複雑なことを行っていることになり、科学がどれほど進んでもなかなかロボットにはこうしたことはマネできないだろうと言われています。そして、脳と一口に言っても、大脳、小脳、脳幹といった大きな分類があり、大脳は知的活動や精神活動、思考や知覚、言語や運動といった機能を司ります。

 

そして脳幹は呼吸や血液循環、体温調節、代謝など自律的な生命維持活動を支えています。小脳は各種の刺激を信号として受け取って、姿勢や筋肉のバランスを保って運動が正確に行えるようにサポートしている部分です。

 

脳内では、神経伝達物質や脳内物質と呼ばれる物質が情報を運び、その数は50種類以上とも言われています。有名なのがドーパミンエンドルフィン、アドレナリンセロトニンといったところです。脳内では神経細胞のネットワークが張りめぐらされており、これはどんどん発達して複雑化していくことがわかっています。それによって、神経伝達物質が脳のあちらこちらを行き巡ってより複雑な思考や行動ができるようになっています。

 

この部分に異常が生じていると、神経系の病気と言われるものが起こるようになります。最近はこうした脳の仕組みを逆に利用して、脳に働きかけることで特定の病気の治療を行ったり、生活の質を上げることができるのではないかと注目されているのです。

 

脳と食事の関係

 

毎日の食事が体の健康にとって大切だということは、現代では小学生でも当然知っている基本的なことになっています。しかしながら、にとっても食事による影響は大きく、その働きぶりに大きな影響を及ぼすことはあまり意識されていません。

 

食生活と脳の関係は多くの研究者が調査していて、年々データが豊富になってきています。たとえば、栄養バランスがしっかりしている子供と、栄養バランスも食習慣も乱れがちな子供とでは、性格や言動に大きな差異が見られるといったものは良く知られているところです。

 

こういった習慣を子供が望んでいるというよりは、大人の食習慣や生活習慣を子供がそのまま真似している、もしくは真似せざるを得ない状況になっているということが多いのでしょう。それがどういった家庭かというと、親が子供のことよりも自分のことを優先してしまうという愛情の不足してしまっている様子が感じられますし、その中で育った子供の性格や言動が子供らしい素直さを備えなくなるのはある意味仕方ないかもしれません。

 

そうした社会的な要因を差し置いても、脳に必要な栄養が不足することで脳にはストレスが生じ、ストレス抵抗力の低下精神的な不安定さを引き起こすことにもつながっているのは調査データからは明らかなのだそうです。

 

大人でもアルツハイマー型の認知症の増加やうつ病の増加について、食生活の問題が指摘されている状況です。うつ病についても、魚を食べる国ではうつ病が少ないといったようなデータもあり、何かしら脳と食物には切っても切れない関係があることは間違いないでしょう。

 

脳を活性化させるGBE-24

 

イチョウ葉エキスを配合して脳機能の活性化を目指す「GBE-24」ですが、仕事や勉強の際の脳の活性化や、物忘れの改善認知症の予防・改善など、記憶力や集中力に関する様々な症状をサポートする効果が期待できます。

 

イチョウ葉エキスは日本ではまだ健康補助食品という扱いですが、ドイツやフランスではすでに何十年も前から医薬品として利用されているもので、ケルセチン、ケンフェロール、イソラムネチンという3種類のフラボノイドが有効に作用して、脳の機能改善をもたらすと言われています。

 

イチョウ葉は諸外国では実績があるので、医薬品やサプリメントとして使われていて、認知症やアルツハイマー病の軽度の段階の治療で用いられますが、日本ではまだまだそこまでは至っていないので、今後の展開が期待されます。

 

GBE-24は高品質なイチョウ葉エキスを利用しているため、問題視されることがあるアレルギー物質のギンコールが問題になったことがありません。多くの人が状況に合わせて摂取しやすいように、錠剤、顆粒、ドリンクと、多くのタイプをそろえて利用者のニーズにこたえようとしている点にこだわりを感じます。

 

脳への機能を中心に作られていますが、首や肩の血行をよくしてくれるので、肩こりの改善にも効果があったという反応があったり、血行が良くなったからか化粧のノリが良くなったという声もありました。物忘れが気になった頃に飲み始めたという方が多いようですね。

 

記憶力と集中力にアセチルコリン

 

アセチルコリンは、脳内にある神経伝達物質の中でも最も早く構造や機能が解明されたもので、これをサポートすることで脳の働きを良くする効果のある成分などが比較的多く解明されています。このアセチルコリンは、学習や記憶、覚醒、睡眠に対する神経伝達物質として機能しているもので、体に対しても休息やエネルギー備蓄と深い関係を持っています。

 

食事から摂取されたコリンという物質から作られるためアセチルコリンを増やすためには、コリンを多く含むレシチンの摂取が効果的です。レシチンは大豆や卵黄の中に多く含まれているものですから、納豆と卵でご飯を食べるなら摂取に関しての問題は無いだろうと思われます。レシチンを摂取して、脳内のアセチルコリン量が増えると集中力が増して、記憶力もアップします。

 

逆に不足することで集中力や記憶力の低下が見られるようになります。脳を長時間酷使し続けると、アデノシンという神経伝達物質が増えるようになってアセチルコリンを抑制するようになります。そのため、人間は長時間持続的に集中力をもって何かに取り組むことができなくなっています。

 

ですから、適度に休憩を挟んでおやつなどでアセチルコリンを補給するのは脳に良いことですし、またコーヒーや紅茶に含まれるカフェインにはアデノシンの活動を抑える働きがあるので集中力が切れてきたときに効果を発揮します。

 

アセチルコリンはアルツハイマー型認知症とも関係があり、アルツハイマー型認知症の患者はアセチルコリンの量が少ないことが知られています。これは病気の原因となるβアミロイドがアセチルコリンを分泌する神経細胞を死滅させるからです。アセチルコリンの利用によって脳に良い働きをもたらすことができるため、まだまだ多くの研究者が研究を続けているそうです。

 

こちらの記事もどうぞ → 脳活性化サプリ比較〜記憶力・集中力アップしたい方必見〜

 

脳機能をアップさせるサプリメント

 

子供から大人まで、頭がよければと思う人は多いと思いますが、今は子供にも脳に良いとされるサプリメントを与える親も増えていると言います。子供用のサプリメント商品も多数販売されていて、錠剤や顆粒タイプより、お菓子感覚で食べられるグミ・ラムネ・ゼリータイプの商品に人気が集まっているそうです。

 

子供は成長が目に見えてわかりますから、それを作っている食事の重要性をイヤでも感じるしかありません。栄養素をしっかり取れるようにしてあげることに関心の高い親も多くなっているようです。脳に良いとされるサプリメントは、集中力や記憶力アップに効果的で、学業や習い事の効果を高めるために有効とされています。

 

こうした成分は、DHAや、ビタミンB群レシチンホスファチジルセリン、などがあります。これらは脳の細胞を作るために有効に作用したり、脳の神経伝達物質の働きを助け、また脳の血流を促して細胞を作るために必要な栄養をしっかり脳に届ける役割を果たしてくれます。

 

また、脳内の神経伝達物質の働きを妨げる物質を抑制する効果があるものもあります。その他にも多くの健康効果がありますから、摂取過剰に気をつけさえすれば多くの健康効果を期待することができるのです。多くは食材からも摂取できますが、摂取量が不安定になりがちなので、安定して摂取したいのであればやはりサプリメントは有効なのです。

 

食事や栄養素は、脳の働きに影響しますので、頭のよさだけではなく人格形成にも大きな影響をもたらします。脳については複雑な要素が絡んでいるので難しいですが、まずは評価の高い上記の成分を含んだものから始めてみると良いのではないでしょうか。

 

落ち着けてくれるセロトニンとは?

 

精神を落ち着かせ、安眠を導くものとして知名度を上げているセロトニンですが、脳内で神経伝達物質として働いているセロトニンは体内にある全セロトニンのうちわずか2%程度でしかありません。では、他のセロトニンはどこに使われているのかと言えば、消化管の運動を調節するために使われています。そして残りは血小板で使われ、止血や血管収縮のために機能しています。

 

このセロトニンの作用としては、興奮系のノルアドレナリンやドーパミンの作用とは逆で、不安感をなくして、精神を安定化させてくれます。精神疾患の薬物治療の際にセロトニンに作用する物質が使われているのは、その効果がいろんな疾患の治療に有効だからです。セロトニンは作用する場所に応じて役割を買え、時には興奮を促し、時には興奮を抑制する働きをするのが特徴です。

 

たとえば、セロトニンの不足はうつ病や不安症といった抑制的な状況をもたらす一方で、衝動的や攻撃的な性格にしたり、また睡眠障害の一方で食欲や性欲を増やすような影響が出ます。セロトニンが過剰に増えるとセロトニン過剰症候群となって高熱・痙攣・錯乱などの症状が出るようになります。

 

セロトニンが注目されているのは睡眠への作用で、セロトニンから生成されるメラトニンが睡眠ホルモンとも呼ばれ、安眠を導く効果があります。メラトニンは日中にセロトニンの分泌量が少ないと生成量が減ってしまうため、眠りにつくのが難しくなってしまいます。昼夜逆転した生活を続けていると、セロトニンの生成量が少なくなってメラトニンの量も減ってしまい、睡眠障害の原因となることもあるのです。

 

セロトニンは健康的な生活をしていれば量が増えますので、栄養や睡眠、そして日光を浴びるなど良い生活習慣を心がけるようにしましょう。

 

精神面から悪化をまねく

 

視界に黒っぽい、糸くずのようなもの、点、さまざまな異物の浮遊が見える飛蚊症。病が元の場合もありますがほとんどは老化で起こる眼病です。老化という生理現象からくるため誰にも起こりうること。たいていの場合、ちょっと違和感を覚える程度で日常に影響のない程度で気づけば勝手に飛蚊症が消えていたなんてことも少なくないです。

 

しかし中には深刻な症状を抱えて悩むひともいます。異物が増えたり広がることで視界を混濁させるような症状もあるのです。心因性から悪化する場合もあり、不安などを抱えすぎるとますます症状が肥大化します。気になりだしたら、まずは自分の飛蚊症の度合いがどうあるのか、生理的か病的なのかを眼科で診てもらうといいでしょう。

 

生理的飛蚊症であれば、大抵治療の必要性はないとされると思います。食事療法、サプリなんかで改善するという手もあるでしょう。病性であっても適切な治療をしてもらえるでしょう。大小差はあれど視界が混濁しているというのは不安なものと思います。しかしそれを気にすればするほど症状は悪くなる。改善の手があるということを知っておくのは精神的に余裕を持たせられると思います。

 

アドバイスなどもらう為にも気になり始めたらまずは眼科にかかること。また飛蚊症は目への負担・疲労などからも悪化します。普段から液晶をよく見る時間が多い人などは目を休ませる、ということを意識的にはかってください。

 

飛蚊症についてはこちら → 飛蚊症の原因と治す方法@おすすめサプリは?

 

無添加ドッグフードは100%天然素材のものがオススメ

 

今、犬を飼っているという方はどういった食べ物を与えていますでしょうか?人間と同じものでしょうか。それとも市販のドッグフードでしょうか。もし、与えていてこれでいいのかなと不安があるのであれば、無添加のドッグフードを与えることをオススメします

 

もちろん添加物が必ず身体に悪影響だということではありませんが、それでも健康に対してあまりよくないということはまぎれもない事実です。一度や二度その添加物を食べたというくらいでしたら何の影響もありませんが、ずっと何年も食べ続けるとなると添加物が溜まっていき、それが原因でアレルギーであったり皮膚疾患であったり、内臓疾患を引き起こす可能性があります。愛犬がそういった状態になってほしくないのでしたら早い段階から無添加のドッグフードをあげましょう。

 

ちなみに無添加というのは化学物質、保存料、着色料、香料といったものを使用していないものになります。効果としては消化が早い上に免疫力が高まるというメリットがあります。そのメリットだけを見ると迷わず無添加のドッグフードに変えようという気持ちになりませんか?無添加のものにデメリットがないのかというとそういうことではなく、価格の面でデメリットがあり、市販のドッグフードと比べると高いです。さらに日持ちもしないのでそういったところはデメリットになります。その上で愛犬の健康のためにも食事を見直してみるといいでしょう。

 

愛犬を喜ばせるなら → ドッグフード食いつき重視

更新履歴